新加坡マスオさん日記

家族とシンガポールに引っ越した日本人エンジニアの日々の徒然

シンガポールでのコーヒーの注文方法が難しい

シンガポールは、元々はマレー連邦の都市であり、実は国語がマレー語というお国柄のせいか、マレー系のカフェ(コーヒーと麺類など軽食あり)が多いです。

メニューがマレー語あるいは中国語とマレー語のmixで書かれていることが多く、そもそも何を書いてるのか困ります。


一般的にはメニューには、kopi、kopi o、kopi cがあるので、どれがブラックコーヒーなのか分からず一個ずつ試しましたが、どれも甘いやんけとなり、中華系マレーシア人の同僚に聞いたら、

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi O コーヒー+砂糖
Kopi C コーヒー+砂糖+練乳

 

ということが分かりました。ブラックコーヒーはKopi O kosongです。これは難易度高い。

さらに、年配の中華系の人は、英語が今ひとつ通じないケースが多く、black coffeeとかno sugarとか言っても怪訝なかおされるので、マレー語を覚えて注文するのが無難です。

英語じゃないと嫌とかいう冒険心のない人は3倍の値段払ってスタバに行きましょう。

 

www.malaysia-magazine.com